副業

ミラクルバケーションは副業案件ではなく詐欺案件?そう思う理由とは!

最近では様々な副業が増えて来ましたね。

「収入が減った」「空いている時間を有効に使いたい」「小遣い程度でいいから何か稼げることがないかな」と思っている人も多いと思います。

そんな中で「これは出来そう」「え、そんなに稼げるの」などといった案件が実は多数存在します。

しかもそのほとんどが「簡単に稼げる」「誰でも稼げる」「リスクなく稼げる」と謳う案件が多いです。

しかし「簡単」や「誰でも」などの見た人を誘惑するようなフレーズを使っている副業案件は、ほぼ詐欺です

その「詐欺が疑われる副業案件」の一つで今回紹介する案件が、「ミラクルバケーション」です。

ということで今回は、なぜミラクルバケーションが詐欺であると考えられているのか、本当に稼げない副業案件なのか、といったところを見ていきましょう。

「ミラクルバケーション」はどんな副業案件なのか?

まずはこの「ミラクルバケーション」がどのような副業案件なのか確認していきましょう。

名前だけでは想像しにくいですよね。

どのように紹介されているか、ライディングページを見ていきます。

「50万円がザクザク手に入ってしまう!?」

ライディングページにアクセスしてみると、「50万円がザクザク手に入ってしまうミラクルアプリ」と紹介されており、「月収50万円がしっかり発生 さらに現金5万円のボーナスプレゼント 先着50名限定」と書かれた下にリンクが貼ってありました。

詐欺案件によくある、多額のお金を稼げると書いてありました。正直、この時点で怪しいですがまだ分からないので他にはどのようなことが書いてあるか見ていきましょう。

「ミラクルバケーションを登録すると・・・」

ライディングページにはミラクルバケーションに登録すると以下のようなことが叶うそうです。

  • ファーストクラスに乗ってみたい
  • 親族みんなを海外に招待したい
  • あこがれのビーチリゾットに行きたい
  • 旅行先で思いっきり買い物がしたい

主に海外に行けると書かれてありますが、その理由が分かりません。

登録するだけで、こんなことが出来るのは魅力的ですよね。けど、怪しい。

一体どのようなシステムで行けるのか、その理由を明白にせずただ叶いますとだけ書かれているのでますます怪しさが上がりました。

この5日間に登録した方のみ無料で所持出来る

このように書かれていましたが、最初に疑問に思ったことは「この5日間とはどの5日間」ということです。

「この」が抽象的すぎて何を指しているのか分かりません。

このような表記も詐欺案件にありがちな「期間限定」「今だけ」のような言葉と似ています。

さらに、無料ではない場合いくらかかるのかも書かれていないのも怪しいです。

「ミラクルバケーション」は本当に稼げるの?

さて、ここまでミラクルバケーションの基本的なところをランディングページの内容を踏まえながら紹介してきました。

ここまででも、かなり怪しい案件ということが分かったと思いますがまだ一番重要なことが分かっていません。

それは、この記事をお読みになっているあなたが一番気にしているであろう「この案件は果たして稼げるのか」というところを見ていきます。

この稼げるのかが一番重要ですよね。

しかし実を言うと、筆者的には「稼げる保証はない」と思っています。

というのも、具体的にどのようなことを行いどの程度稼げるのかが書いていないんですよね。

どのようにして利用を始めるのかという説明についてですが、

  1. ミラクルバケーションを友達登録する
  2. LINEに届く自分に合った副業情報を選ぶ
  3. 最短当日にあなたの口座に入金される

と書かれており

「2つのポイント」として

  1. 長時間労働案件は一切排除
  2. 安心の即金性

を挙げていました。

こちら一見、「色んな副業情報があるんだ」と思ってしまいますが、副業情報を選んだあとに即入金という説明が曖昧で具体的にどのような案件がありどのような期間で稼げるのかが書かれていません。

全てが曖昧ではっきりしたことが一切書かれていませんでした。

「ミラクルバケーション」は特商法に基づく表記が一切無い

さて、最後に決定的なお話をします。

国の法律に特商法というのがあり、これは訪問販売やインターネット販売などを行う業者が対象となる法律です。

対象となる業者は特商法として、必要である事項を記載する必要があり、それを消費者に開示するという義務があります。

もし特商法を無視して必要である事項を記載していない業者がいた場合、それは処分の対象となるのです。

またもし必要事項を記載していたとしても、事実と違うことを記載していれば、それも処分の対象となります。

といったものが特商法に基づく表記と呼ばれるものなのですが、なんとこの案件、特商法に基づく表記が全く見当たりませんでした。

一見、稼げそうと思うような言葉を書かれていますが全く証拠がありません。

利用者に信頼を与えるための特商法に基づく表記ですが、この表記がまったくされていないという時点で、絶対に信頼してはいけない案件でしょう。

もし利用していて不具合があったとしても連絡先や住所が分からないので、やはり不安が残るものとなるでしょう。

「ミラクルバケーション」には隠されている裏の目的がある?

今まで見てみると、やはり「この案件なんの根拠もないな」と思いますよね。

筆者も色々とこのような案件を見てきましたが、こういった案件が詐欺であった場合、裏の目的として「個人情報を集めて他で売買する」「悪質な商材を高額で売りつける」などといったことも考えられます。

自分の個人情報を守るということも含め、こういった信用や実績がよく分からない案件とは関わりを持たないことが無難ですね。

「ミラクルバケーション」 まとめ

ここまで、ミラクルバケーションという副業案件について「本当に稼げるのか」「なぜ詐欺が疑われているのか」という部分について解説してきました。

最終的には特商法に基づく表記においての表記が一切なく、詐欺の疑いが持てるほど根拠のないランディングページでした。

様々な魅力的な言葉を使い、読み手を「もしかしたら稼げそう」「5日間だけなら」と思ったら向こうの思う壺です。

こうしたことからミラクルバケーションは個人情報を集め他で売買するためのものだという可能性も出てくるため、利用しないことが無難でしょう。

こんにちは、けいすけです。

現在26歳で、WEBコンサルタントとして活動+FX投資で自由に生活しています。

圧倒的に稼いで人生を変えたい方は、LINEを追加してご連絡ください。