副業

【ホントに大丈夫?】Private Noteは怪しい副業案件!LPは使いまわし⁉

皆さん、こんにちは!けいすけです!

副業案件としてPrivate Noteというサービスがあるのですが、なにやら怪しいサイトなのではないかといった噂が流れているようです。

「もう怪しい副業他人を不幸にして稼ぐビジネスはやめにしませんか?」というキャッチフレーズが付けられていて、「毎月100万円」が狙える案件なようです。

ということで今回は、このPrivate Noteが本当に稼げる案件なのか、調べていきましょう。

この記事ではPrivate Noteについて

・どのようなサービス?

・本当に稼げる案件なの?

・なぜ怪しいと言われている?

こういったところを見ていきましょう。

「そもそもPrivate Noteってどんな副業案件なの?」

さて、まずはランディングページを見ていきましょう。

ページの冒頭には「全く新しい「新種の副業モデル」が遂に発表!」という記載があります。

「初心者がたった2日で7万円の報酬を得た具体的な手法」と題してこの案件を紹介していて、「会社の同僚がビックリする程、副業で稼げるようになるでしょう。」とまで言っています。

また「あなたが儲ければ儲けるほど人から感謝されるでしょう。」と表現しており、とにかく「人に感謝される」という部分を強調して訴えている印象でした。

Private Noteは詐欺その理由とは?」

さて、なんとなくではあるかと思いますが、Private Noteがどのような案件であるか、わかっていただけたかと思います。

ここまで見てきて何となくわかってきたかと思いますが、やはり具体的な仕組みが明かされていなかったり責任者の名前が明かされていなかったり、怪しい印象を受けますよね。

ということでここからは、その「怪しい」という感情を明確な「詐欺だ!」というものに変えるべく、解説していきます。

「特商法について、記載がなく信頼できない」

皆さんは特商法についてご存知でしょうか。

国の法律に特商法というのがあり、これは訪問販売やインターネット販売などを行う業者が対象となる法律です。

対象となる業者は特商法として、必要である事項を記載する必要があり、それを消費者に開示するという義務があります。

もし特商法を無視して必要である事項を記載していない業者がいた場合、それは処分の対象となるのです。

またもし必要事項を記載していたとしても、事実と違うことを記載していれば、それも処分の対象となります。

この点を確認するために、Private Noteの特商法についての記載を確認してみることに。

しかしここで重要なことに気が付きました。

Private Noteのランディングページ中に特商法についての記載がなかったのです。

これではランディングページ中の内容が本当に真実なのかさえ分かりませんし、もし不具合があった場合でもどこに問い合わせたらよいかが分からないのです。

運営会社や責任の名前も明記しないようなサービスは当たり前ですが信頼できないので、この副業案件はおすすめできないものでしょう。

「これまでの明確な実績やビジネスモデルを表した資料がない」

ランディングページ中には「毎日100万円が狙える」といったも紹介されていましたが、肝心のPrivate Noteがこれまで残した実績や今後のビジネスモデルを明確に表した資料は記載されていませんでした。

利用者からすればこれまでのその企業の実績は、その企業を信頼するための大きな判断材料です。

しかしその材料がない今、このPrivate Noteを信頼する材料はありませんし、今後どのような経営方針を描いているのかというビジネスモデルも見当たらないので、今後のこの企業の軌道を読むこともできないわけです。

といったところから、Private Noteはやはり信頼性に欠けるものでありますね。

「ランディングページが他の副業案件と同じ」

正直、事例としてはあまり多くは無いかと思いますが、今回取り上げているPrivate Noteのランディングページと同じランディングページが使用されている副業案件が他にあるのです。

今回取り上げているのはPrivate Noteという副業案件ですが、なんとCHECKMATEという別の副業案件とランディングページが同じなのです。

こんなことがあって良いのでしょうか。

Private Noteを紹介するための言葉がCHECKMATEを紹介するためにも使われていたということですから、同じような副業案件だということも予測できます。

とにかくそういった他の案件との使い回しがあるということ自体、信頼性が損なわれますし、問題ですね。

Private Note まとめ」

ここまで、Private Noteについて解説してきました。

仕組みが詳しく記載されていないまま「毎月100万円」と言われても現実味を感じられませんし、ランディングページ中にはビジネスモデルやこれまでの実績を記載するものもありませんでした。

また特商法についての記載も情報が不透明なものばかりで、ランディングページ中の情報が本当に正しいものかの判断もできないでしょう。

それに全く別の副業案件と同じランディングページが使用されていたということも発覚しているので、とても信頼のできるものではないでしょう。

ということで結論、Private Noteは信頼できない副業案件として、おすすめできないものでした!

こんにちは、けいすけです。

現在26歳で、WEBコンサルタントとして活動+FX投資で自由に生活しています。

圧倒的に稼いで人生を変えたい方は、LINEを追加してご連絡ください。